水族館

【関東の水族館】私が水族館を好きになった理由<思い出を振り返る>【昔は水族館が怖かった】

こんにちは、ふぉむです。

今回は、私が水族館を好きになった理由をお話します。

私は昔、水族館が怖くて嫌いだった頃がありました。

  • 水族館が怖い人がどうやって好きになったのか
  • 水族館の魅力について知りたい
  • この私、FomFomに興味がある方

これらに興味がある方には、少しでも参考になればうれしいです。

ふぉむ
ふぉむ
子供の頃は水族館が好きだった。でも、途中から苦手になっちゃったんだ。

1. 私が水族館をこよなく愛する理由

私は水族館が大好きです。

【おすすめ水族館】美ら海水族館の感想<沖縄旅行でおすすめスポット> こんにちは、ふぉむです。 今回は、 沖縄へ行ったらぜひ行きたい、美ら海水族館を紹介します。 沖縄旅行を検討して...
  • 自然界の大海と一体化しているような感覚
  • 様々な色をなす、見た目や性格がてんでばらばらの、個性あふれる魚達
  • 暗がりの中、目の前に広がる水槽の数々
  • まるで生物が古来、海から生まれてきた時のような感覚が蘇る。
  • ふるさとの海に帰ってきたかのような安心感

今まで多くの水族館へ行きました。

好きになった理由を振り返ってみます。

2. 全ての始まりは、江ノ島水族館から始まった

f:id:FomFom:20190102152306j:plain旧江ノ島水族館。1994年当時の様子

今から数十年前、私は幼い頃、姉と母と一緒によく旧江ノ島水族館へ行っていました。

比較的近い水族館であったためか、昔から水族館との関わりは密接でした。

今でも鮮明に記憶があります。

地下通路を降りていき、そこから地上に出た所にあるウミガメプールが最初にありました。

プールを右に抜けると広い空間が開けており、小さい水槽などが並んでいました。

ある程度進むと、

上のアクリル板が開けた長方形の水槽があり、台の上から水槽を覗くことが出来ました。

ハコフグが水草にまぎれ、泳いでいました。

他にも展示がたくさんあり、

アロワナなどの古代魚、デンキウナギ、カブトガニが展示されていました。

新江ノ島水族館と比べ、旧江ノ島水族館はコンセプトが定まっておらず、チグハグな印象でした。

私は水族館のありとあらゆる展示に触れ、色々な魚達に出迎えられました。

幼い私は、

幼い頃のFomFom
幼い頃のFomFom
面白いなあ。色んなかわいいお魚さんや、こわいお魚さんがいっぱいいる。水族館って面白い!

家族で葛西臨海水族園へも足を運んだりしました。

水族館愛にあふれている少年でした。

将来の夢は水族館で働きたい訳では無く、天気予報士になりたかったです。

このままずっと、水族館が大好きな好奇心旺盛の少年になるんだろうな。

と思っていました。

3. 怖い夢を見てから、水族館が大嫌いな少年になる

f:id:FomFom:20190102155130j:plain

遊び疲れた幼い私は、ベッドに入り、すやすやと眠り始めました。

ある夢を見たのです。

どこかの水族館に1人だけぽつんと私はいました。

周りには人という人は誰もいませんでした。

迷い迷って、歩いて行く中で、私のすぐそばに右と左に水槽が並んでいるエリアにたどり着きました。

展示されている魚は、私の身長を優に上回るほどの大きなサイズでした。

見た目がグロテスク。

魚が陰鬱で鈍い、言葉にならない言葉を私に発した瞬間。

水槽が割れ、魚達が一斉に私をめがけて襲いかかる。

私は目を覚ましました。

誰にも悩みを打ち明けず、1人、日常を過ごしていました。

小学3年生になった私は、家族で品川水族館へ行くことになりました。

f:id:FomFom:20190102160859j:plain

日本国内の河川に生息する魚や、東京湾などに生息する魚を見ては、楽しんでいる私でした。

あるエリアにさしかかった時に私は、戦慄してしまったのです。

 

世界の大河から

 

というエリアでした。

アマゾンに生息する古代魚が展示されています。

展示されている魚達が、夢に出てきた魚達にそっくりだったのです。

f:id:FomFom:20190102162325j:plain

レッドテールキャットフィッシュというナマズや、

f:id:FomFom:20190102162554j:plain

ピラルクといった古代魚の代表格といった魚のことです。

ピラルク大先生
ピラルク大先生
私です。

思わず声をあげてしまい、後ろの壁にもたれかかるように逃げ出したのです。

心配した両親は、不思議に思い、私を水槽の前に引きずろうとしました。

幼い頃の私は泣き出してしまいました。

以来、

私は江ノ島水族館以外の水族館には立ち寄らず、水族館へ行く回数も減っていったのでした。

4. 水族館の熱再び、蘇る熱い意志

悪夢にうなされた頃から、10年以上の月日が経ちました。

私は、大学生になりました。

就職活動という辛い現実にぶち当たる日々に、心は疲れ果てていました。

私は心を癒やしてくれる場所を求めていました。

ふぉむ
ふぉむ
そうだ、箱根へ行こう。

なぜか思い立ち、特急にゆられ箱根へ行きました。

箱根旧街道を歩きに歩き、ある場所を目指していたのです。

箱根園水族館

www.princehotels.co.jp

山奥にある水族館でした。

なぜ私が山奥の場所を目指していたかと言いますと、単純に行って見たかったからです。

後からそこに水族館があると思い出したので、ぶっつけ本番で行ったような感じでした。

本当に偶然だった。

ピラルクがいることは覚えています。

青年になり大きくなった私は、

ふぉむ
ふぉむ
さすがに、この歳ならもう大丈夫なんじゃないか

勢いに身を任せて突撃。

長時間を歩き、疲れが出てきた頃、ようやく箱根園水族館にたどり着きました。

最初は何の問題もない、サンゴ礁に住むカクレクマノミなどといった魚を見ていき、奥へと進みました。

ある看板を見たのです。

 

この先ピラルク水槽

 

という看板です。

青年になった私ですが、さすがに緊張しました。

ピラルクと再会するのは、少年の頃以来なのです。

腹を決め、ピラルク水槽へ足を運びました。

ふぉむ
ふぉむ
あれ。思ってたよりそんなに大きくない?私と同じぐらいの大きさだ。

と拍子抜けしました。

しだいに、ピラルクをじっと見ていると

ふぉむ
ふぉむ
ピラルクって古代の威厳があってかっこいいな。古代魚のロマンと風格を備えた夢あふれる熱帯魚なんだなあ。

20分ぐらいは居座っていたような気がします。

以来、私はピラルクといった古代魚のトラウマを克服し、久しく行っていなかった水族館へ行こうと決めたのです。

ショック療法です。

皆さんも幼い頃のトラウマは、昔のイメージに引っ張られているだけかもしれません。

大人になった今なら克服できるかもしれませんよ。

後日、品川水族館、八景島シーパラダイスなどに出かけていました。

幼い頃のあの熱意が、再び戻ってきたのです。

ピラルク大先生
ピラルク大先生
私を好きになってくれて、とても光栄なことです。

5. 新江ノ島水族館での決意

f:id:FomFom:20190102174801j:plain

数年が経ち、無事に就職を果たした私は、新江ノ島水族館へ行きました。

【神奈川県にあるおすすめ水族館】新江ノ島水族館の見どころ【観光おすすめスポット】 おはようございます。 こんにちは。 こんばんは。 初めての方は初めまして。 ふぉむです。 今回は神奈川にある、新江ノ島水族...
【神奈川県にあるおすすめ水族館】もっと知りたい、新江ノ島水族館の見どころ【観光おすすめスポット】 おはようございます。 こんにちは。 こんばんは。 初めての方は初めまして。 ふぉむです。 今回は神奈川にある、新江ノ島水族...

旧江ノ島水族館からリニューアルされても、定期的に新江ノ島水族館へは行っていました。

社会人という立場で、水族館へ行った私でした。

一通り展示を見終わり、海岸でぼーっとしていた私でした。

ふぉむ
ふぉむ
社会人となった今なら、お金がある。もっと遠く行ける。全国各地に存在する水族館を訪れてみよう。

水族館の熱が蘇り、

再び水族館が大好きな少年の私が戻ってきたのです

6. 各地の水族館を巡る中で

全国各地に点在する水族館を巡ってきました。

水族館を愛する気持ちを整理すると、

  • 水族館は、生息地によって異なる、ばらばらの魚達に身近で会うことの出来る場所
  • 展示が、私達を海に誘うかのように作られており、まるで海にいるように大人も子供も夢中にさせる
  • 各水族館のテーマから、地域の環境が分かり、自然環境の畏怖を感じる

旅の中で、考えを整理することができました。

7. 最後に

水族館は良いものです。

普段の日常から離れ、海という非日常に私達を満喫させてくれるからです。

久しく水族館へ行っていない方がいらっしゃいましたら、行ってみてはいかがでしょうか。

私の思い出話が役に立ちましたら、とてもうれしい限りです。

最後まで、私の記事を見て下さってありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。