観光

【美術鑑賞は】平塚市美術館の展示で、5感と6感を使って簡単に美術が楽しめる<湘南観光におすすめ>【簡単です】

1. 5感+1つの感性 絵を見ておしゃべりしよう!とは

土田泰子展を楽しんだ後、他にも展示が行われていました。

【身近なものが】土田泰子展の感想<平塚市美術館の展示紹介、湘南観光におすすめ>【大変身】 おはようございます。 こんにちは。 こんばんは。 初めての方は、初めまして。 ふぉむです。 今回は、平塚市美術館で行われた...

5感+1つの感性 絵を見ておしゃべりしよう!という展示があります(2018年12月8日~2019年2月24日まで)

人間が誰しも備わっている

「視覚」「嗅覚」「聴覚」「触覚」「味覚」にまつわる5つのテーマに分けられ、

さらに第6感を味わいながら作品を鑑賞するというコンセプトになっています。

ちょうど、それぞれのテーマごとに作品が分かれているので、5感を使って作品を集中して楽しむことができます。

美術のことは以前から分からない私でも、作品を楽しむことができました。

2. 美術館の作品を、5感を使って楽しむ

※これから紹介する作品は、実際に展示されていた作品と一部異なります。

2-1. 「視覚」についての作品

かの有名な菱川師宣の「見返り美人」と言いたいところですが、何かおかしいですよね。

この作品は、見返り美人の 鏡面群像図というものです。鏡に映し出された美人さんが、色んな方向に映し出されています。

だまし絵という作品とも言えますよね。ついつい、様々な角度の美人さんを眼を追ってしまいます。

自然と「視覚」を使っています。

2-2. 「聴覚」についての作品

ギターを物思いに引いているような男性が描かれています。

何も意識していなくても、どこかから曲が聞こえるような気がします。

どこか悲し気な曲なのか、元気になるような曲なのか、子守歌のような曲なのか・・・。色々と想像をかき立てますよね。人によって聞こえてくる曲は違います。

聞こえる音楽を想像し、「聴覚」を働かせる。

2-3. 「嗅覚」についての作品

花瓶に生けられたピンク、紫色といった色とりどりのお花です。

不思議と何か、臭いがしませんか?甘いような・・・、それとも何か草っぽい臭いのような・・・。花以外にも、花瓶が飾られた古民家の古い独特の臭いがするような・・・。

色々な臭いを感じ取っていると思います。

香りを感じるため「嗅覚」でイメージする。

2-4. 「触覚」についての作品

とある公園にあるモニュメントです。

銀が使われていて、どこか冷たいような、硬そうな感覚がしそうです。木製でしたら、自然の温もりを感じられますよね。銀ですと何かクールで冷ややかで、光輝く材質のように感じたりしますね。

観ているだけで、柔らかい、硬いという材質の感覚を感じ取っていると思います。

手触りを感じるため「触覚」を自然と使う。

2-5. 「味覚」についての作品

飲み物とパンが2つ並んでいます。

パンが焼きたてなら、口の中でサクッとフワッとしてとても美味しそうに見えますよね。

パンが食べ終わった後に、お菓子代わりに奥にある果物をシャキッと食べたいです。

飲み物も仮にお酒だとします。仕事の後に一杯キュッとやったらさ美味しいでしょう.

色々な味を人によって感じ取っていると思います。

うま味をイメージするため、「味覚」が働く。

3. 美術館の作品を、第6感を使って楽しむ

そして、第6感です。

人間は元々、5感を持っていますが、6感と聞きますとあまりピンと来ないことが多いです。

意識してできるものではないです。自然と、湧き上がる何かだと考えています。

 

この作品を観て、何を感じましたか。

とても幻想的な絵だなあ。何か臭ったりとかはしないけど・・・。
よく分からない絵で、私の頭じゃ理解できそうにないわ。

 

色々な感想を持ちます。

しかし、作品を観るとふと、

心にフワッと感じることがありませんか。

5感でははかりしれない、感覚というのが分かると思います。

6感は、人によって異なり、作品を観たら何かしらの心を自然と感じ取ることだと考えています。

どんな6感を持つかは人によって違いますので、正解はありません。違う所が面白いですよね。

自分の感性が、ありのままに自然と湧き上がる。そんな心が第6感ではないのでしょうか。

4. 5感+1感で、美術作品は誰でも楽しめる

ここまでの紹介で、美術作品が簡単に楽しむことができることが、お分かりいただけたでしょうか。

人間、誰もが持っている5感、そして5感を超えた先にある6感を使えば誰でも楽しむことが出来ます。

特別な才能なんていらないのです。

自分を含め、皆さんにこのことを大切にして欲しいなと思います。

そして、

感じる心を大切にしましょう。

最後まで私の記事を読んで下さってありがとうございました。

少しでもお役に立てられれば嬉しい限りです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。