東京

東京のおすすめ水族館「葛西臨海水族園」の特徴などを徹底解説!

「東京にあるおすすめな水族館ってどこかな。友達は「葛西臨海水族園」が良いよって言うけど、どうなんだろう。」

「葛西臨海水族園」は、東京都内にある水族館のなかでも、入園料金が安いうえに見応えがあるおすすめの水族館として知られています。

この記事では、東京にある水族館「葛西臨海水族園」を、おすすめポイントを踏まえて解説していきます。

ふぉむ
ふぉむ

この記事を読んで、「葛西臨海水族園」へ行って、600種類を超える生きものたちに会いに行きませんか。

アイキャッチ画像出典:https://www.pakutaso.com/20160340089post-7422.html

東京にあるおすすめ水族館「葛西臨海水族園」とは

「葛西臨海水族園」は、東京の江戸川区にある水族館です。地上30.7mもの大きなガラスドーム状の建物が特徴です。

1989年に「葛西臨海水族園」はオープンし、2019年には30周年を迎えました。30年間、東京都民や都民以外の旅行者から愛され続けている水族館です。

2,200トンものドーナツ型大水槽の中で飼育されているクロマグロや、国内最大級を誇るペンギン展示場など、600種類を超える生きものたちに出会えます。

2015年に、「葛西臨海水族園」の来園者数が5,000万人を突破し、未だに根強い人気を誇っています(葛西臨海水族園公式Twitter-2015年1月16日のtweetより)。

「葛西臨海水族園」の入園料金

https://pixabay.com/ja/photos/入場料-クーポン-認める-2974645/

ここで、「葛西臨海水族園」の入園料金について紹介していきます。入園料金は以下の通りです。

なお、「葛西臨海水族園」には年間パスポートがあります。年間パスポートの料金は以下の通りです。

「葛西臨海水族園」は入園料金が無料になる場合があります。無料になる条件は以下の通りです。

「葛西臨海水族園」のアクセスについて

https://pixabay.com/ja/photos/歩行者-交差点-道路-通り-918471/

ここで、「葛西臨海水族園」の電車やバス、自動車のアクセス方法や、駐車場の情報について解説していきます。

電車の場合

「東京駅」から京葉線経由で海浜幕張行に乗り、「葛西臨海公園駅」を下車後徒歩8分で「葛西臨海水族園」に到着します。片道約22分で到着できますよ。

「東京駅」から水族館へは片道約30分以内と、アクセスは快適です。

バスの場合

バスで「葛西臨海水族園」へ行く場合、以下の3種類のバスがあり、それぞれのルートを紹介します。

自動車の場合

自動車で「葛西臨海水族園」へ行く場合は、首都高速湾岸線で葛西ICを利用して、片道約20分で到着します。

駐車場について

「葛西臨海水族園」には専用駐車場がありません。自動車で水族館へ行く場合は、「葛西臨海公園」周辺の駐車場を利用しましょう。駐車場は5ヶ所あります。

土日祝や大型連休シーズン無料開園日は駐車場が満車になってしまうこともあるので気をつけてください。

確実に水族館へ行きたい場合は、公共交通機関を利用したほうが無難です。

「葛西臨海水族園」の展示エリアや所要時間など

https://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/map.html

ここでは、「葛西臨海水族園」の展示エリアや所要時間、混雑時期について紹介していきます。

展示エリア

「葛西臨海水族園」の展示エリアは10ヶ所あります。展示エリアに関しては以下の通りです。

「葛西臨海水族園」では、東京湾の生きものや小笠原・伊豆七島の海に生息する生きもの、深海の生物など600種類を超える魚や生きものたちに出会えます。

所要時間

「葛西臨海水族園」の所要時間は、イベントなどに参加しない場合は1時間30分ほどかかります。

ゆっくり展示を見たい場合や、イベントに参加する場合も考慮すると3時間ほどかかると見ていいでしょう。

混雑時期

「葛西臨海水族園」の混雑時期は、土日祝や大型連休シーズン無料公開日に混雑しがちです。

「葛西臨海水族園」には、イルカやアシカショーといったものがないので、水族館内の混雑具合が分散されにくいです。

混雑時期に行った場合、東京都内の他の水族館と比べて混むことを覚悟しておきましょう。なお、空いている時期は平日の午前中です。

平日で行った場合でも、クリスマスイルミネーションシーズン(11月・12月)にはカップルで混雑するという情報もあります。

また、「葛西臨海水族園」はディーズニーリゾートの駅である「舞浜駅」の近くにあります。

ディズニーリゾートの来客者があわせて水族館に訪れることも多いので、ディズニーリゾートのイベントによって混雑具合が左右されがちです。

東京の水族館「葛西臨海水族園」のおすすめポイントは?

撮影者:ふぉむ

東京の水族館「葛西臨海水族園」は、東京都内の都民や、都外の旅行客から人気のある水族館です。

また、「葛西臨海水族園」はディズニーリゾートのある「舞浜駅」の近くにあるため、ディズニーリゾートとあわせて訪れる観光客も多いです。

「葛西臨海水族園」のおすすめポイントは主に以下の4つです。次の項目からそれぞれ解説していきます。

  • 入園料金が一般で700円と、東京都内の水族館では安い
  • 国内の水族館では数少ない、クロマグロの展示
  • 4種類のペンギンを展示している、国内最大級のペンギン展示
  • 世界最大の海藻、ジャイアントケルブを展示している「海藻の林」

東京の水族館「葛西臨海水族園」おすすめポイント①

https://pixabay.com/ja/photos/お金-貯蓄-貯金箱-ホワイト-1885540/

東京の水族館、「葛西臨海水族園」の最初のおすすめポイントは、入園料金の安さです。一般料金が700円の安さなうえに、充実した展示エリアも堪能できます。

ちなみに、東京都内にある他の水族館の入園料金と比較すると以下の通りです。

「マクセルアクアパーク品川」の入園料金と比較すると、1,600円も違ってきます。

一方で、「しながわ水族館」の入園料金と比較すると100円だけの違いですが、「葛西臨海水族園」は無料公開日が充実しているため、入園料金は安く済みます。

東京の水族館「葛西臨海水族園」おすすめポイント②

撮影者:ふぉむ

東京の水族館、「葛西臨海水族園」の次のおすすめポイントは、クロマグロの展示です。

クロマグロの展示は、国内の水族館で「いおワールドかごしま水族館」と「葛西臨海水族園」の2ヶ所でしか見られません。

2,200トンものドーナツ型水槽を泳ぐクロマグロたちは、まさに圧巻です。

2014年にクロマグロたちが次々と死んでしまい、当時は残り1匹だけとなっていましたが、2019年現在はクロマグロたちが再び泳ぐ姿を見られます。

よく勘違いされるのが、クロマグロを展示しているのはドーナツ型水槽の半分だけです。

クロマグロたちを360°で見られるワケではありません。

東京の水族館「葛西臨海水族園」おすすめポイント③

https://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

東京の水族館、「葛西臨海水族園」の次のおすすめポイントは、ペンギンの展示です。

「葛西臨海水族園」のペンギン展示は、フンボルトペンギンやイワトビペンギン、フェアリーペンギン、オウサマペンギンが一緒に展示されている国内最大級の施設です。

4種のペンギンたちを一緒の展示で見られる水族館は、なかなかありません。なお、ペンギンに関する以下のイベントを行っていますので、参加してみてはいかがでしょうか。

イベントではペンギンたちが集まってくる姿を見られたり、スタッフによるペンギンについての詳しい解説を聞けたりするので、面白いですよ。

夏になると、オウサマペンギンとイワトビペンギンは室内の冷蔵室に移ってしまいます。

4種のペンギンたちを一緒の展示で見たいなら、夏は避けましょう。

東京の水族館「葛西臨海水族園」おすすめポイント④

撮影者:ふぉむ

東京の水族館、「葛西臨海水族園」の最後のおすすめポイントは、「海藻の林」です。

「海藻の林」の展示では、世界最大の海藻と呼ばれるジャイアントケルブと、カリフォルニアの海に生息する魚たちが見られます。

「葛西臨海水族園」では、サンフランシスコにある「モントレーベイ水族館」と提携しています。

「モントレーベイ水族館」のシンボルともいえるのがジャイアントケルブが生い茂る展示で、世界でも人気な水族館として知られています。

「葛西臨海水族園」の「海藻の林」で、ジャイアントケルブが生い茂る森を、ゆったりと堪能してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、東京にあるおすすめ水族館「葛西臨海水族園」について解説していきました。内容を振り返ると、以下の通りです。

葛西臨海水族園のまとめ
  • 入園料金が大人で700円。無料公開日もある
  • 「東京駅」から片道30分以内
  • 混雑時期は土日祝・大型連休シーズン・無料公開日。ショーがないため、水族館内の混雑は分散されにいくい
  • 狙い目は平日の午前中
葛西臨海水族園のおすすめポイントまとめ
  • 東京都内の水族館のなかで、一番安い入園料金。無料公開日も充実。
  • 国内の水族館では数少ない、クロマグロの展示
  • 4種のペンギンたちを一緒の展示で見られる、国内最大級のペンギン展示
  • 「海藻の林」で世界最大の海藻、ジャイアントケルブが見られる

「葛西臨海水族園」は入園料金が700円と安いうえに、約600種類を超える生きものたちに出会える、ボリューム満点の水族館です。

水族館のシンボルともいえるクロマグロの展示は、まさに圧巻なのでぜひ見に行ってください。

ふぉむ
ふぉむ

「葛西臨海水族園」で、たくさんの生きものに出会って1日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

東京にある、おすすめ水族館5選を紹介!【行って後悔しません】「東京に出かける機会があるんだけど、おすすめの水族館はどこだろう。失敗したくないから人気の水族館へ行ってみたい。」 この記事では、東京の中でも人気のあるおすすめの水族館を5つ紹介していきます。あわせて、おすすめの理由も紹介していきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。