読書

【学生も】世界史が苦手な人へ。日本史より壮大なスケールで語られる面白さ【社会人も】

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

初めての方は、初めまして。

ふぉむです。

世界史が嫌いな方、多いですよね。今回は、世界史の魅力についてお話ししていきます。

私の記事で、少しでも好きになって下されば嬉しい限りです。

 

ふぉむ
ふぉむ
みんな誤解しているだけだよ。世界史は、面白いんだよ。

 

1. 世界史は勉強しても意味が無い?

 

今から10年以上前のお話です。

私が高校生の頃、世界史の授業を受けていました。

  • カタカナばかりの登場人物。
  • 日本とは遠い国々の歴史事情。
  • 日本史と同じように、ひたすら続く暗記作業。

 

高校生のFomFom
高校生のFomFom
こんなこと勉強して何の役に立つの。英語の方がまだ実用性あるし。

 

全く、世界史の面白さを微塵も理解していませんでした。

勉強したって意味が無いと言い切っていました。

本当にそうでしょうか。

多くの人達は誤解しています。

学校では暗記作業になりがちで、本当の魅力や面白さが伝わってないからです。

世界史を知れば、

  • 国の成り立ちを知ることが出来る。
  • 異文化を知ることで、お互いを理解しあえる。
  • 過去のしくじりや教訓を学び、現代の社会に生かすことができる。

というメリットが得られます。

諸説ありますが、

世界で活躍する有力者達は、世界史を勉強し、ビジネスで役立てていることを聞きました。

世界史は、

現代社会で必要な知識です。

世界史と同じように日本史も、現代の日本社会を理解する上で大切です。

昔のことだからといって、役に立たないと思うのは違います。

2. ベストセラー本を読んで、世界史が好きになる

社会人になり、仕事をこなす日々。

歴史自体にハマったのは「銀二貫」や司馬遼太郎の作品を読んでからでした。

【誰でも】歴史は面白い。学校では分からない魅力に迫る<歴史本が教えてくれたこと>【楽しめる】 おはようございます。 こんにちは。 こんばんは。 初めての方は、初めまして。 ふぉむです。 今回は、歴史の魅力についてお話...

 

ふぉむ
ふぉむ
歴史ってこんなに面白かったんだ。食わず嫌いしてたのが勿体ないな。

 

学生時代に歴史を嫌っていたことを、後悔しました。

司馬遼太郎は、日本史にあたる作品がほとんどです。

歴史の面白さに目覚めた私は、日本のことだけではなく、世界のことも知りたいと思うようになりました。

ジュンク堂や有隣堂で気になる本がないか探したり、ネットで良い本がないか調べたりする毎日。

ようやく、気になる本を見つけました。

 

ふぉむ
ふぉむ
「ローマ人の物語」・・・。一体どういう物語なんだろう。

 

以前から、話は聞いたことがあった「ローマ人の物語」。

塩野七生さんの作品です。

一部の人には、巻数が長いことで有名でした。

 

全 4 3 巻

 

ふぉむ
ふぉむ
な、長い・・・。世界のことを知りたいなら、43巻も読み終えたら、得られるものも多いだろうな。

思い切って買いました。

そして、

半年間、「ローマ人の物語」を読んで、世界の成り立ちを知る日々を過ごすことになったのです。

「ローマ人の物語」は、全43巻と長いですが、1冊あたりが200ページほどです。

気楽にリラックスして読みましょう。

3. 「ローマ人の物語」が世界を教えてくれた

半年間「ローマ人の物語」を読んで、異国文化にのめり込んでいた私。

全43巻を読んだ上で、世界史に対する見方が変っていました。

  • ただの暗記科目ではなく、人間や政治、宗教といった様々な要素が入り組んで進むドラマ
  • 歴史の1つ1つの些細なできごとが、後に世界を大変革させる可能性がある
  • 現代より1000年以上前なのに、発想や能力に長けた超人が数多く存在する
  • 歴史が進むと、人は必ずしも進歩するとは限らないこと
  • 宗教文化は数千年もの前から、日本を含め、現代にも生き続けていること

世界を舞台に、壮大な人間ドラマであることが分かりました。

歴史はストーリーのように、現代にも繋がっています。

繋がりをたどれば、世界の今と未来が見えてきます。

受験勉強やテストに悩む学生の方へ。

簡単にちょっと、世界史に関する本を読めばストーリーの理解ができます。

暗記だけではつまらないし、限界がきませんか。

「2時間でおさらいできる世界史」

というサクッと読めて、勉強できるおすすめ書籍があります。

4. 世界史が嫌いなあなたへ

学生時代の私は、世界史嫌いな学生。

そんな私を変えてくれたのがベストセラー本でした。

嫌いなままで終わらせてしまうのはもったいないです。

世界史は、数学や英語、国語と並んで

 

人生において重要な科目と言えます。

 

世界史を学んだり、学び直して

 

過去のできごとから、現在と未来を見つめませんか。

 

現代社会に充分通じる、大切なことを得られますよ。

最後まで私の記事を読んで下さって、ありがとうございました。

 

ふぉむ
ふぉむ
FomFomと一緒に世界を学んで、成長を実感しよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。