水族館まとめ

【2021年版】イロワケイルカに会える!全国の水族館2選を紹介

「イロワケイルカ、かわいいな。どこの水族館にいるんだろう」と、気になってませんか?

白黒模様が特徴的なイロワケイルカ。テレビやネットでたびたび取り上げられることから、どこにいるのか気になる人もいるでしょう。

実は、イロワケイルカは全国150ヶ所以上ある水族館の中でも2ヶ所しか展示されていない、貴重な生きものなんです。

そこで本記事では、イロワケイルカがいる全国の水族館2選を紹介します。

ふぉむすい運営部
ふぉむすい運営部

本記事を最後まで読めば、イロワケイルカの魅力をたっぷり味わえますよ。ぜひ、ご覧ください。

アイキャッチ画像提供者:銀鏡つかさ(@tsukarium

イロワケイルカがいる水族館はたった2ヶ所だけ

https://www.photo-ac.com/main/detail/1939933?title=%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB_02&searchId=4056655207

白黒模様が特徴的なイロワケイルカ。その模様がパンダのように見えることから、別名、パンダイルカとも呼ばれています。

イロワケイルカは、南アメリカ大陸南端付近の冷たい海(水温5~12℃)にすむ、小型のイルカです。

遊ぶことが大好きで、水槽からはよく見えませんが、水面からジャンプしていることが多いんです。

そんなイロワケイルカが展示されている水族館は、全国150ヶ所以上あるうち、「仙台うみの杜水族館」と「鳥羽水族館」の2ヶ所だけ

日本ではあまり見られない、貴重な生きものなんです♪

ふぉむすい運営部
ふぉむすい運営部

次の章から、「仙台うみの杜水族館」で展示されているイロワケイルカを紹介しますね。

イロワケイルカがいる水族館①仙台うみの杜水族館

宮城県仙台市にある、「仙台うみの杜水族館」。当水族館には、イロワケイルカの「セーラ」()が展示されています。

「セーラ」は、1991年4月29日生まれの30歳。国内では2番目に高齢のイロワケイルカなんです。

「セーラ」はちょっと臆病な性格ですが、好奇心旺盛なところもあり、水槽の前まで近寄ってくることがあります。また、お腹にあるハートマークが特徴的♡

2021年10月6日時点、「仙台うみの杜水族館」にいるたった1頭だけのイロワケイルカとして、「セーラ」は大人気なんです♪

敬老の日にセーラへのお祝い会が開催される

2021年9月20日は「敬老の日」。当日、国内にいるイロワケイルカの中でも高齢な「セーラ」に、長寿をお祝いするイベントが開催されました。

イベント当日、「セーラ」へイカナゴやオキアミなどを使った氷のケーキがプレゼント♡

「セーラ」はちょっと臆病なところがあるため、氷に溶け出したお魚を1時間かけてゆっくり食べていました。

これからも、「セーラ」に元気で長生きして欲しい気持ちが込められた、暖かなイベントでした♪

「仙台うみの杜水族館」の情報
所在地 宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
営業時間 9:00~17:00など時期によって異なる
休館日年中無休
電話番号 022-355-2222
料金
  •  【大人】2,200円
  • 【中・高校生(12~18歳)】1,600円
  • 【小学生(6~12歳)】1,100円
  • 【幼児(4歳~未就学児)】600円
  • 【シニア(65歳以上)】1,600円
アクセス仙台駅から電車でJR仙石線中野栄駅下車(所要時間約18分)、徒歩約15分
公式サイト 仙台うみの杜水族館

「仙台うみの杜水族館」は、世界三大漁場である三陸の海を再現した展示や他の水族館ではめったに見られないヨシキリザメなど見どころ満載です。

詳しくは、下記の記事もあわせてご覧ください。

【東北最大級】仙台うみの杜水族館の見どころを5つ厳選して紹介。「仙台うみの杜水族館」は、国内だけでなく世界中に生息する生きものが見られ、東北にある水族館のなかでも規模が大きいです。そのため、見どころもたくさんあります。 そこでこの記事では、「仙台うみの杜水族館」の見どころ5選を紹介していきますね。...

イロワケイルカがいる水族館②鳥羽水族館

三重県鳥羽市にある「鳥羽水族館」。当水族館では、3頭のイロワケイルカたちが展示されています。なお、3頭のイロワケイルカたちの名前と生年月日は以下のとおりです。

名前生年月日
カイ(1997年5月25日生まれ
ステラ(2001年5月27日生まれ
ララ(1990年5月7日生まれ

「ララ」は、「仙台うみの杜水族館」にいる「セーラ」よりも1つ年上の、国内最高齢を誇るイロワケイルカなんです。

大先輩「ララ」と一緒に、「カイ」と「ステラ」も同じ水槽で仲良く暮らしています♪

3頭が仲良く泳いでいる姿は、思わず胸がキュンとしてしまいます♡

ちなみに「鳥羽水族館」は、1987年3月、日本で初めてイロワケイルカを展示した水族館なんです。

スポンサーリンク

ステラに待望の赤ちゃんが誕生。イロワケイルカは4頭に!

2021年7月11日、「ステラ」に待望の赤ちゃんが誕生しました! ステラにとっては4頭目の赤ちゃんで、性別は男の子です。

赤ちゃんは「ステラ」と寄り添うように水槽内を泳ぎ、すくすくと育っています。

実は「鳥羽水族館」の飼育員によると、「ララ」が「ステラ」の子供を奪って、自分の子供として育てるのではないか心配だったそうです。

ですが、飼育員の心配をよそに、「ララ」と「ステラ」親子との関係は良好。時々、「ステラ」が「ララ」の育児疲れを心配するかのように、一緒に泳ぐことがあるんだそうです。

3頭のイロワケイルカたちと赤ちゃんとの、今後の展開に期待が集まりますね♪

過去に、「ララ」は赤ちゃんを6回出産した経験があります。そのため、「ララ」には「ステラ」の気持ちが分かるのかもしれませんね。

【まとめ】貴重なイロワケイルカに会って、癒やされませんか?

白黒模様が特徴のイロワケイルカが展示されているのは、「仙台うみの杜水族館」と「鳥羽水族館」だけです。

2つの水族館には、ご長寿のイロワケイルカがそれぞれいます。イロワケイルカは貴重な生きもののため、長生きして欲しいと願うばかりです。

また、「鳥羽水族館」ではイロワケイルカの赤ちゃんが誕生し、今後の成長に期待が集まります。

ぜひ、貴重なイロワケイルカに会いに行って、心からの癒やしを味わってはいかがでしょうか?

ABOUT ME
ふぉむ
「ふぉむすい」運営責任者。水族館に関する情報をどこよりも分かりやすくお届けします。 推しの水族館は「アクア・トトぎふ」と「鳥羽水族館」。