宮城

「仙台うみの杜水族館」の見どころ5選についてそれぞれ紹介すっぺ。

宮城県にある、「仙台うみの杜水族館」へ行きたいと考えている人もいますよね。そんな時には、水族館の見どころを知りたい人もいるかと思います。

「仙台うみの杜水族館」は、国内だけでなく世界中に生息する生きものが見られ、東北にある水族館のなかでも規模が大きいです。

そこでこの記事では、「仙台うみの杜水族館」の見どころ5選を、それぞれ紹介していきますね。

ふぉむ
ふぉむ

この記事を読んで、「仙台うみの杜水族館」の見どころを理解してもらえたらうれしいです。

アイキャッチ画像出典:http://www.uminomori.jp/umino/facility/japan/maboya.html

「仙台うみの杜水族館」の展示エリアについて

http://www.uminomori.jp/umino/facility/#touhoku

「仙台うみの杜水族館」は、東北の中でも最大級を誇る、宮城県内にある水族館として知られています。

水族館では、三陸の生きものたちや世界中の生きものたち、イルカやアシカといった可愛らしい動物たちにも出会えます。なお、水族館の展示については以下の通りです。

三陸に棲む生きものたちからペンギンやアシカ、他の水族館ではなかなか見られない、イロワケイルカも展示されていますよ。充実した展示内容であることが分かりますね。

「仙台うみの杜水族館」の見どころは?

http://www.uminomori.jp/umino/facility/experience.html

「仙台うみの杜水族館」は、国内だけでなく世界中にいる生きものたちが見られる水族館です。

数ある展示のなかでも、特に見どころとして人気のある展示は以下の通りです。

  1. 頭上に広がる、垂直に垂れ下がったマボヤが見られる「マボヤのもり」
  2. 三陸の海の環境を再現した大水槽「いのちきらめくうみ」
  3. 東北最大級を誇るスタジアムで観覧できる「イルカ・アシカパフォーマンス」
  4. 「仙台うみの杜水族館」だけしか見られない「ヨシキリザメ」
  5. 国内では数少ない「イロワケイルカ」の展示

次の項目から、それぞれの見どころを紹介していきますね。

「仙台うみの杜水族館」の見どころ①マボヤのもり

撮影者:ふぉむ

最初に紹介する、「仙台うみの杜水族館」の見どころは、「マボヤのもり」です。館内の最初の展示にあたる「マボヤのもり」で、来館者を水族館へお出迎えします。

マボヤは、海のパイナップルとも呼ばれる生きもので、宮城県で国内生産量の8割を占めている海産物としても知られています。

快晴時には、太陽光によって照らされたマボヤが見られ、その森の中を泳ぐ魚たちがあわさって、幻想的なシーンが見られますよ。

天井にあるマボヤや魚たちを見られる展示は、「仙台うみの杜水族館」だけです。

「仙台うみの杜水族館」の見どころ②三陸の海を再現した大水槽

http://www.uminomori.jp/umino/facility/japan/inochi.html

次に紹介する、「仙台うみの森水族館」の見どころは、「いのちきらめく うみ」です。「マボヤのもり」を抜けると、そこには三陸の海を再現した大水槽が広がっています。

幅14m・水深7.5m・水量990tもの規模を誇る大水槽には、マサバやアカシュクモクザメ、マダイといったいきものたちが泳いでいます。

また、大水槽の中にはスナメリも展示されていて、自由に泳ぎ回る姿が見られますよ。

快晴時に「いのちきらめく うみ」へ行くと、太陽の光が降り注ぎ、色鮮やかな生きものたちの様子が見られます。できれば、天気の良い時に行きましょう。

大水槽では、2万5,000匹ものマイワシたちが泳ぐプレミアムショー、「Sparkling of Life」が開催されます。

360°のパノラマで繰り広げられるプロジェクションマッピングと、銀色に輝くマイワシたちの大群は迫力がありますよ。

2019年11月15日から2020年3月31日のショースケジュールは以下の通りです。

10:30、12:30、14:30、16:30

「仙台うみの杜水族館」の見どころ③東北最大級のスタジアム

http://www.uminomori.jp/umino/event/#performance

「仙台うみの杜水族館」では、「うみの杜スタジアム」で繰り広げられる「イルカ・アシカパフォーマンス」も見どころの1つです。

「うみの杜スタジアム」は、約1,000人もの観客を収容できるスタジアムで、東北最大級を誇ります。ショーをさえぎる柵がないため、間近で動物たちが見られますよ。

また、2020年3月7日からはショーが一新し、「STADIUM LIVE ~Go for it !~」が開催されます。

http://www.uminomori.jp/umino/28350/index.html

ショーでは、イルカとハリスホークの同時ジャンプや、アシカのダンスとイルカのジャンプの共演、ルリコンゴウインコの旋回フライトが繰り広げられます。

海・陸・空の生きものたちが共演するショーは、「仙台うみの杜水族館」でしか見られません。ぜひ、ご覧ください。

なお、「STADIUM LIVE ~Go for it !~」のイベントスケジュールは以下の通りです。

  • 【所要時間】各回約20分
  • 【3月19日までの開催時間】10:00、12:00、14:00、16:00
  • 【3月20日~3月31日まで】10:00、11:30、14:30、16:00

「仙台うみの杜水族館」の見どころ④「ヨシキリザメ」

http://www.uminomori.jp/umino/sea/blueshark.html

「仙台うみの杜水族館」には、ここだけしか見られない珍しい生きものが展示されていて、見どころの1つとして人気があります。

最初に紹介する珍しい生きものは、「ヨシキリザメ」です。別名「ブルーシャーク」とも呼ばれ、世界で最も美しいサメとして知られています。

スマートな体つきで、大きく黒い目が特徴的です。「ヨシキリザメ」は泳ぎ続けないと死んでしまうという性質があり、飼育が難しいサメでもあります。

「仙台うみの杜水族館」では、2018年7月27日から飼育を始め、2020年3月時点でも見ることができますよ。現在、国内最長飼育記録を更新中です。

「仙台うみの杜水族館」の見どころ⑤「イロワケイルカ」

 http://www.uminomori.jp/umino/facility/global/america.html

「仙台うみの杜水族館」では、国内にある水族館でも数少ない、イロワケイルカが見られる点も見どころの1つとして数えられています。

イロワケイルカは、黒と白のツートンカラーが特徴的な小型のイルカです。見た目がパンダに似ていることから、別名「パンダイルカ」とも呼ばれています。

「仙台うみの杜水族館」では2頭のイロワケイルカが見られ、仲間と一緒に泳ぐ姿や、道具で遊んでいる様子などが見られますよ。

イロワケイルカを見られる機会は中々ありませんので、水族館へ来たらじっくり観察してみてください。

https://www.aquarium.co.jp/kannai/kyokuchi.html

イロワケイルカがいる水族館は、「仙台うみの杜水族館」以外に、「鳥羽水族館」があります。

まとめ

ここまで、「仙台うみの杜水族館」の見どころを5つ紹介していきました。内容をまとめると、以下の通りです。

まとめ
  1. 垂直に垂れ下がったマボヤが見られる天井水槽「マボヤのもり」
  2. 三陸の海を再現した大水槽「いのちきらめく うみ」
  3. 東北最大級を誇るスタジアムで「イルカ・アシカパフォーマンス」が見られる
  4. 「仙台うみの杜水族館」だけにしかいない「ヨシキリザメ」
  5. 国内では2つの水族館でしか見られない「イロワケイルカ」

「仙台うみの杜水族館」は、東北にある水族館の中でも見応えのある展示が多く、どれも楽しめるものばかりです。

2020年3月7日、「イルカ・アシカパフォーマンス」が一新されたので、水族館へ来たときには見ておきたいところです。

ふぉむ
ふぉむ

「仙台うみの杜水族館」へ来た時には、各展示をじっくり見て、ゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

宮城県にある「仙台うみの杜水族館」の概要について紹介すっぺ。「仙台うみの杜水族館」は、宮城県にある人気スポットです。 東北最大級を誇る水族館で、三陸に棲む生きものだけでなく、世界中の生きものたちにも出会えます。 そこでこの記事では、宮城県にある「仙台うみの杜水族館」の概要について解説します。...