東京

「葛西臨海水族園」の見どころ5選について徹底解説していきます。

「今度、『葛西臨海水族園』へ行こうかと考えてる。よく、東京の水族館でも人気だって聞くから、見どころを知りたいな。」

「葛西臨海水族園」は、東京都江戸川区にある水族館です。入園料金が700円と安いうえに、約600種類もの生きものたちに出会えることから、観光客から人気があります。

そこでこの記事では、「葛西臨海水族園」の見どころを5つ紹介していきますね。

ふぉむ
ふぉむ

この記事を読んで、「葛西臨海水族園」の魅力を理解してもらえたら、うれしいです。

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1022808?title=%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8

江戸川区の観光スポット「葛西臨海水族園」の概要について解説します「葛西臨海水族園」は東京都内にある水族館のなかでも、入園料金が安いうえに見応えがあることから、江戸川区のおすすめ観光スポットとして知られています。 そこでこの記事では、江戸川区の観光スポット「葛西臨海水族園」の概要について解説していきます。...

「葛西臨海水族園」の展示エリアを紹介

https://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/map.html

ここで、「葛西臨海水族園」の展示エリアについて紹介していきます。

「葛西臨海水族園」の展示エリアは10ヶ所あります。展示エリアに関しては以下の通りです。

「葛西臨海水族園」では、東京湾の生きものや小笠原・伊豆七島の海に生息する生きもの、深海の生物など600種類を超える魚や生きものたちに出会えます。

水族館にイルカやアシカがいませんが、見応えのある展示ばかりですよ。

「葛西臨海水族園」の見どころは?

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8E%E3%83%9F-%E6%B5%B7-%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8-1453910/

「葛西臨海水族園」は、東京都民や、都外の旅行客から人気のある水族館です。

また、「葛西臨海水族園」はディズニーリゾートのある「舞浜駅」の近くにあるため、ディズニーリゾートとあわせて訪れる観光客も多いです。

「葛西臨海水族園」の見どころは主に以下の5つです。次の項目からそれぞれの見どころを解説していきますね。

  • 国内の水族館では数少ない、クロマグロの展示
  • 4種類のペンギンを展示している、国内最大級のペンギン展示
  • 世界最大の海藻、ジャイアントケルブを展示している「海藻の林」
  • 世界中のさまざまな海に生息する魚たちが見られる世界の海」
  • 小笠原から伊豆七島などの海を再現した「東京の海」

「葛西臨海水族園」の見どころ①

撮影者:ふぉむ

「葛西臨海水族園」の最初のおすすめポイントは、クロマグロの展示です。

クロマグロの展示は、国内の水族館で「いおワールドかごしま水族館」と「葛西臨海水族園」の2ヶ所でしか見られません。

2,200トンものドーナツ型水槽を泳ぐクロマグロたちは、まさに圧巻です。

2014年にクロマグロたちが次々と死んでしまい、当時は残り1匹だけとなっていましたが、2020年現在はクロマグロたちが再び泳ぐ姿を見られます。

よく勘違いされるのが、クロマグロを展示しているのはドーナツ型水槽の半分だけです。

クロマグロたちを360°で見られるワケではありません。

「葛西臨海水族園」の見どころ②

https://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

「葛西臨海水族園」の次の見どころは、ペンギンの展示です。

「葛西臨海水族園」のペンギン展示は、フンボルトペンギンやイワトビペンギン、フェアリーペンギン、オウサマペンギンが一緒に展示されている国内最大級の施設です。

4種のペンギンたちを一緒の展示で見られる水族館は、なかなかありません。なお、ペンギンに関する以下のイベントを行っていますので、参加してみてはいかがでしょうか。

イベントではペンギンたちが集まってくる姿を見られたり、スタッフによるペンギンについての詳しい解説を聞けたりするので、面白いですよ。

夏になると、オウサマペンギンとイワトビペンギンは室内の冷蔵室に移ってしまいます。

4種のペンギンたちを一緒の展示で見たいなら、夏は避けましょう。

「葛西臨海水族園」の見どころ③

撮影者:ふぉむ

「葛西臨海水族園」の見どころは、クロマグロやペンギンだけではありません。次に紹介する展示は、「海藻の林」です。

「海藻の林」の展示では、世界最大の海藻と呼ばれるジャイアントケルブと、カリフォルニアの海に生息する魚たちが見られます。

「葛西臨海水族園」では、サンフランシスコにある「モントレーベイ水族館」と提携しています。

google mapより

「モントレーベイ水族館」のシンボル的存在がジャイアントケルブの生い茂る展示で、世界でも人気な水族館として知られています。

「葛西臨海水族園」の「海藻の林」で、ジャイアントケルブが生い茂る森を、ゆったりと堪能してみてはいかがでしょうか。

「葛西臨海水族園」の見どころ④

撮影者:ふぉむ

次に紹介する「葛西臨海水族園」の見どころは、「世界の海」です。こちらの展示では、太平洋、インド洋、大西洋、北極海、南極海に生息する魚たちが見られます。

各水槽には、伊豆諸島に生息する全長2mもの大きさを誇るタマカイや、インド洋に生息する大型魚、ナポレオンフィッシュも展示されています。

他にも、色鮮やかなサンゴ礁がたくさんある展示や、カクレクマノミも見られますよ。1つの展示で、世界中の魚たちに出会えます。

「葛西臨海水族園」の見どころ⑤

撮影者:ふぉむ

最後に紹介する「葛西臨海水族園」の見どころは、「東京の海」です。こちらの展示は、小笠原諸島から伊豆七島、東京湾の外湾部から内湾部までの環境を再現しています。

小笠原諸島は世界自然遺産にも登録され、エメラルドグリーンの海が見られることから人気の観光スポットとして知られています。

そんな、エメラルドグリーンの海を再現した水槽が「東京の海」で見られるのです。

また「東京の海」の展示には、階段を上がって水槽を上から見下ろせるコーナーがあり、展示の裏側も見られますよ。

まとめ

ここまで、「葛西臨海水族園」の見どころについて解説していきました。内容をまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 国内の水族館では数少ない、クロマグロの展示
  • 4種のペンギンたちを一緒の展示で見られる、国内最大級のペンギン展示
  • 「海藻の林」で世界最大の海藻、ジャイアントケルブが見られる
  • 太平洋から南極海まで世界の海に生息する魚たちが見られる
  • 小笠原諸島などの海を再現した展示が見られる

「葛西臨海水族園」は、約600種類を超える生きものたちに出会える、ボリューム満点の水族館です。

水族館のシンボルともいえるクロマグロの展示は、まさに圧巻なのでぜひ見に行ってください。

また、クロマグロだけでなく、ジャイアントケルブを見られる展示もあるので、様々な展示を楽しめますよ。

ふぉむ
ふぉむ

「葛西臨海水族園」で、たくさんの生きものに出会って1日を楽しんでみてはいかがでしょうか。