大分

うみたまごの見どころ5選を紹介。動物たちとふれあえる新感覚水族館!

あなたは、「うみたまご」の見どころを知りたいと思っていませんか?

大分市にある「うみたまご」は、2004年にリニューアルした大分マリーンパレス水族館」の愛称です。

「うみたまご」は今までにない、動物たちとふれあえる新感覚の水族館なんです。

そこで本記事では、「うみたまご」の見どころを5つ紹介していきます。さらに、オススメなショーを2つ合わせて紹介します。

この記事を読めば、「うみたまご」の見どころを1から10まで理解できます。最後まで読み進めてみてくださいね。

アイキャッチ画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/4112137?title=%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB&searchId=1588478616

うみたまごって、どんな水族館?

写真提供:ふぉむ

1964年、大分県の高崎山下海岸に「大分生態水族館マリーンパレス」が開園しました。

その後、2004年にリニューアルオープンした大分マリーンパレス水族館」の愛称が「うみたまご」なんです。

「うみたまご」は動物と仲良くなれる水族館というコンセプトのもと、魚や動物たちを身近に感じられます。

動物たちとふれあえる、「あそびーち」やイルカショーなど見どころが満載! そんな、「うみたまご」の見どころを5つ厳選して紹介します。

なお、本記事で紹介する5つの見どころは以下のとおりです。

  1. たくさんの魚たちに圧巻!「大回遊水槽」
  2. 写真映えする「サンゴ大水槽」
  3. 幻想的な空間「うみたまホール」
  4. 神秘的な展示が魅力な「ワンダーゾーン」
  5. 身近に動物たちを感じられる「あそびーち」

次の章から、5つの見どころを詳しく紹介していきますね。

うみたまごの見どころ①たくさんの魚たちに圧巻!「大回遊水槽」

最初に紹介する「うみたまご」の見どころは、「大回遊水槽」です。

水量1,250tを誇る大回遊水槽には、サメやエイなどの大型魚をはじめ、90種類・1,500尾もの魚たちが自然に近い状態で暮らしています。

大回遊水槽には、中央に擬岩で作られた岩があり、その周りを海水がぐるぐると流れる構造になっています。

この構造によって、小さな魚と大きな魚が同じ水槽に展示できるようになっているんです。「大回遊水槽」の構造は、世界で初めて「うみたまご」が作ったことで知られています。

ちなみに、「大回遊水槽」では「おさかな解説」が行われています。

「おさかな解説」では、魚たちの生態をダイバー姿になった飼育員が詳しく解説してくれます。

ダイバーが魚たちに餌を与えながら解説してくれるので、魚たちが食事をする様子をじっくり観察できますよ。

なお、おさかな解説のイベントスケジュールは以下のとおりです。

うみたまごの見どころ②写真映えする「サンゴ大水槽」

「うみたまご」には、もう1つ見どころとして人気の大水槽があります。それは、サンゴ大水槽」です。

「サンゴ大水槽」で展示されているサンゴは、日本で初めて人工照明で繁殖に成功したものなんです。

規模は日本でもトップクラスで、さまざまなサンゴとカラフルな魚たちの世界に癒されますよ。

ぜひ、「サンゴ大水槽」の前にある円柱水槽ものぞいてみてください。

ちなみに、「サンゴ大水槽」では、ダイバーの餌付けや解説も行っています。

ダイバーによってくるナポレオンフィッシュが、人懐っこくてとっても可愛いらしいんです。餌付けショーは11時30分に行われています。

うみたまごの見どころ③幻想的な空間「うみたまホール」

写真提供:ふぉむ

1Fオーシャンビューにあるうみたまホール」は、「大回遊水槽」をドーム型の建物から見られる場所です。

「大回遊水槽」の入り口には、水槽を下から見られるアーチ形のトンネルがあります。頭の上を優雅に泳ぐ魚たちの姿を眺めていると、まるで海の中にいるかのようです。

トンネルを抜けると、「うみたまホール」に到着です。海の底から魚たちを見上げている気分を味わえます。

ホールの中は、小窓やライトアップされた水玉模様が幻想的な空間を作り上げています。

また、水槽をゆっくり楽しめるよう椅子が用意されています。ぜひ、恋人と一緒にステキな時間を過ごしてはいかがでしょうか?

うみたまごの見どころ④神秘的な展示が魅力な「ワンダーゾーン」

写真提供:ふぉむ

2Fにあるワンダーゾーン」では、明暗を活かした展示方法が見どころです。

イワシの群れの展示は水族館でよく見かけますが、「うみたまご」での展示方法はとても幻想的。

目に飛び込んでくるのは、くらやみの中ライトで照らされたイワシたちです。丸い筒状の水槽をぐるぐると泳ぐ姿は、キラキラ光って見とれてしまうほど。

ワンダーゾーンの「アートコーナー」では、照明を落とし、深海のような雰囲気を演出しています。

魚やクラゲがとても美しく、まるで絵のようです。ぜひ、ワンダーゾーンで神秘的な世界を楽しんでみてください。


スポンサーリンク


うみたまごの見どころ⑤身近に動物たちを感じられる「あそびーち」

「あそびーち」は2015年に新設された施設です。動物と遊ぶ×アートと遊ぶ」をテーマにした新感覚のビーチなんです。

「水族館にビーチ?」と思うかもしれませんが、野外にある「あそびーち」には砂浜があり、まるでリゾート地に来たかのようです。

そして、「あそびーち」では、イルカが飼育されていて身近に泳ぐ姿を見られます。

ビーチの横には、アート型遊具「うみさんぽ」が設置されています。すべて海の動物たちをイメージしたものです。

イワシの群れをイメージした滑り台や、自由に落書きができる貝殻の形の洞窟など、大人も子どもも楽しめる場所なんです。時々、ペンギンやアザラシがやってくることも!

「あそびーち」には、さまざまな動物たちがいます。次の章では「あそびーち」で見られる動物たちを紹介していきますね。

「あそびーち」で出会える動物たち①イルカたち

まずは、イルカたちの紹介です。「あそびーち」には、バンドウイルカとハセイルカ・マダライルカの3種類のイルカたちがいます。

さらに、クジラの仲間であるハナゴンドウもいるんです。違う種類の生きものたちが一緒に泳いでいる姿を見られるなんて、ビックリですよね。

「あそびーち」で出会える動物たち②マゼランペンギン

続いては、マゼランペンギンです。よちよち歩く姿は可愛らしいですよね。突然、遊具の砂場にやってきたり、すぐ横に来てくれたりしますよ。

もし散歩中のマゼランペンギンに出会ったら、さりげなく道をゆずってあげてくださいね。

「あそびーち」で出会える動物たち③ゴマフアザラシ

最後に紹介するのは、ゴマフアザラシです。ゴマフアザラシは、「あそびーち」にある小さなプールにいます。

時々、「あそびーち」に出てきて砂場でゴロゴロ寝っ転がることがあります。

運が良ければ、すぐ近くでゴマフアザラシを見ることができるかもしれませんよ。

ここまで、「うみたまご」の見どころを5選を紹介しました。次の章から、「うみたまご」で人気のショー2つを紹介します。

うみたまごで繰り広げられるオススメなショー2選

本章では、筆者オススメの「うみたまご」のショーを2つ紹介していきます。

観客席近くで繰り広げられるショーを、ぜひ楽しんでみてください。

うみたまごパフォーマンス(セイウチ)

「うみたまご」では、トドやセイウチ・アザラシなどの海獣たちが展示されています。

トドやセイウチは身体が大きく圧倒されるかもしれませんが、なかなか芸達者なんです。

セイウチのショーは飼育員とのかけ合いが絶妙で、面白いんです。

ぜひ、芸達者なセイウチのパフォーマンスを楽しんでください。

ショー終了後の「ふれあいタイム」では、セイウチの体に直接ふれることができます。

体が大きくて圧倒されるかもしれませんが、セイウチのひげをさわることもできるんです。そっとさわってみてくださいね。

なお、セイウチのショーのイベントスケジュールは以下のとおりです。

うみたまごパフォーマンス(イルカ)

続いては、「うみたまご」で人気のイルカのショーです。野外にあるイルカプールで見られます。

イルカショーが開催されるイルカプールは、観客席とプールの距離が近いため、迫力満点のパフォーマンスを楽しめます。

別府湾をバックにジャンプする姿は、まるで飛んでいるかのよう! 次々と繰り広げられる華麗な技の数々には、目が離せません。

ちなみに夏季限定で、イルカたちが水をバンバンかけるパフォーマンスが行われます。ぬれる覚悟で楽しんでみてくださいね。

なお、イルカのショーのイベントスケジュールは以下のとおりです。

イルカプールは、1Fからもイルカたちを見られます。ショーの開催中、1Fからイルカたちを見ると水中での動きがよく分かりますよ。

うみたまごの基本情報

最後に、「うみたまご」の営業時間や基本情報を紹介します。基本情報は以下のとおりです。

【まとめ】うみたまごは動物たちを身近に楽しめる水族館

ここまで、「うみたまご」の見どころ5選を紹介しました。

「うみたまご」は、動物たちを身近に感じることができる水族館です。

水槽越しにしか見れない水族館と違い、「あそびーち」では、すぐ隣に動物たちがやってくるかもしれません。

そんな、サプライズが待っている「うみたまご」にぜひ、行ってみてください。

もし、この記事を読んで「うみたまご」へ行きたくなったら、以下のリンクからチケットを確認してみてくださいね。

「アソビュー!」を利用すればチケット購入の待ち時間なしで、スマホを見せるだけでスムーズに入館できますよ。さらに、期間限定割引を行っていることもあるので要チェックです。

\スマホで簡単予約。スムーズ入館!/

会員登録せずに購入できます。今後の支払いをもっと簡単にしたいなら、会員登録すればスムーズにチケット購入可能。
✔割引が終了することもあるので、お早めの購入をおすすめします。

※チケットは予告なく販売中止になることもあるので、あらかじめご了承ください

ちなみに、「アソビュー!」の使い方を知りたいなら下記の記事で詳しく紹介しています。ぜひ、あわせてご覧ください。

【お得で便利!】アソビュー!の使い方を6つの項目に渡って解説。本記事では、「アソビュー!」の使い方を6つの項目に渡って解説します。 「アソビュー!」を利用すると50%もの割引が受けられたり、スマホで簡単予約ができたりするのです。 チケットの探し方や使い方など、初めての方に分かりやすく解説します。...

 

ABOUT ME
naoreo
naoreo
フルタイムで契約社員で働きながらライターをしている主婦ライターです。子育てブログや特化ブログも運営しています。ワクワクするような記事を紹介していきたいと思っています。大好きな水族館は「美ら海水族館」です。