栃木

栃木にある水族館「なかがわ水遊園」の情報について徹底解説!

「栃木へ旅行で行くことになったんだけど、水族館ってあるんだろうか…。」

栃木は海のない都道府県ですが、「なかがわ水遊園」と呼ばれる水族館があります。

関東にある淡水魚メインの水族館の中でも、規模が大きいです。中でも、巨大魚で知られるピラルクが、トンネル水槽で見れることから人気があります。

この記事では、栃木にある水族館、「なかがわ水遊園」の基本情報やおすすめポイントについて、紹介していきます。

ふぉむ
ふぉむ

この記事を読んで、淡水魚の展示を楽しめる、「なかがわ水遊園」を訪れてみてはいかがでしょうか。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%86%86%E7%9B%A4%E6%8A%95%E3%81%92%E3%81%AE%E9%AD%9A-%E9%AD%9A-%E5%8B%95%E7%89%A9%E7%9B%B8-1943755/

栃木にある人気の水族館「なかがわ水遊園」とは

撮影者:ふぉむ

「なかがわ水遊園」は、栃木にある唯一の水族館として知られています。日本最大級の「川の水族館」でもあり、関東にある淡水魚メインの水族館の中で、規模が大きいです。

水族館のコンセプトは、「那珂川から世界の川、そしてあこがれの海へ」です。

「なかがわ水遊園」は、ピラルクが見られるトンネル水槽が目玉となっていて、たびたびメディアでも取り上げられています。

2001年に水族館はオープンされ、2017年には入館者数400万人を突破しています(出典:入館者400万人達成 大田原・県なかがわ水遊園おもしろ魚館より)。

https://www.facebook.com/sakanatomori/

なお、栃木には「なかがわ水遊園」だけではなく、「さかなと森の観察園」という小さな水族館もあるのです。

幻の魚と呼ばれるイトウや、中禅寺湖のみに生息しているレイクトラウト、といった貴重な魚たちが見られます。

しかし、残念ながら、2019年11月時点、園内の樹木や観察地帯などの安全対策を講じる必要があるため、開園が未定となっています。

「なかがわ水遊園」の料金情報

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-%E7%B4%99-%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-3238747/

ここで、「なかがわ水遊園」の通常の入園料金や、年間パスポートなどについて解説していきます。

通常の入園料金

「なかがわ水遊園」の通常の入園料金は、以下の通りです。

通常、水族館の入園料金は、1,000円や2,000円といった料金が多いです。その中で、「なかがわ水遊園」の入園料金は650円と、かなり安いです。

年間パスポート

「なかがわ水遊園」には年間パスポートがあります。料金については、以下の通りです。

年間パスポートは、大人料金では水族館へ4回行けば、元が取れる計算になりますね。なお、年間パスポートには特典がありません。

割引料金

「なかがわ水遊園」の割引料金に関して調査したところ、割引に関する情報は見当たりませんでした。ただし、例外として、以下の条件に該当する場合は、無料で入園できます。

「なかがわ水遊園」へのアクセス

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%80%9A%E3%82%8A-%E9%81%93%E8%B7%AF-%E5%9C%B0%E5%B9%B3%E7%B7%9A-%E7%84%A1%E9%99%90-238458/

ここで、「なかがわ水遊園」の公共交通機関や自動車のアクセス方法や、駐車場の情報について紹介していきます。

公共交通機関

「なかがわ水遊園」の最寄り駅は、JR宇都宮線「西那須野駅」です。駅から関東バスを利用し、「田宿」で下車後(片道40分)、徒歩5分で水族館に到着します。

他にも、JR東北新幹線「那須塩原駅」から市営バスを使って、片道2時間で水族館へ行く方法があります。

なお、水族館方面へ行くバスの本数は少ないため、時間に余裕を持って駅へ行くことをおすすめします。バスの本数に関しては、バス時刻表を参考にしてください。

ちなみに、「東京駅」から、公共交通機関を使って水族館へ行く場合、JR東北新幹線かJR宇都宮線を利用して、合計で片道2時間30分から4時間ほどもかかります。時間がかかることを覚悟した方がいいでしょう。

自動車

「なかがわ水遊園」へ自動車で行く場合は、公式で以下の4つのルートを紹介しています。

土日祝や大型連休シーズンは、道路が渋滞するため、水族館へ到着するまで時間がかかることが予想されます。

確実に水族館へ行きたい場合は、公共交通機関を使うのも1つの手です。

駐車場

「なかがわ水遊園」には、無料の駐車場が完備されています。車が700台まで駐められる大きい駐車場です。

土日祝や大型連休シーズンでも、駐車場に空きがあるので安心して駐められる、という情報もあります。そのため、駐車場の心配はいらないでしょう。

「なかがわ水遊園」の展示エリアや所要時間など

撮影者:ふぉむ

ここでは、「なかがわ水遊園」の園内エリアや所要時間、混雑情報について解説していきます。

園内エリア

https://tnap.jp/aquarium/pavilionmap.php

水族園内は、「水族館」(青色)と「体験ゾーン」(緑色)、「サービスゾーン」(オレンジ)の3つのエリアに分かれています。それぞれのエリアは、以下の通りです。

所要時間

「なかがわ水遊園」は1時間あれば、全ての展示が見られます。もし、展示をゆっくりみたいなら、2時間もあれば余裕を持って見られるでしょう。

水族館の展示は7つと比較的少ないため、歩き疲れることはありません。

混雑情報

「なかがわ水遊園」の混雑情報に関しては、土日祝や大型連休シーズンでも、比較的空いているという情報を見かけます。多少、「トンネル水槽」に人が集まる程度です。

シーズン時の、神奈川や東京の人気水族館では、チケットを買うために1時間待つことも珍しくありません。

一方で、「なかがわ水遊園」は、いつ行っても混雑を気にせずに楽しめるため、穴場スポットとしても知られています。

もし、どうしても混雑を避けたいなら、平日の午前中に行けば安全です。

栃木にある水族館「なかがわ水遊園」のおすすめポイントは?

「なかがわ水遊園」は、栃木にある唯一の淡水魚の水族館として知られています。展示数が少ないものの、展示のひとつひとつが見応えのあるものばかりです。

特に、以下の4つは、水族館の中でもおすすめポイントとして人気がありますよ。

  • 「世界の川」で、ピラルクといった巨大魚を、トンネル型水槽で見られる
  • ピラルクのいるトンネル型水槽で、自由気ままに過ごすカピバラ
  • 「那珂川」の生きものたちに触れられる、「タッチング水槽」
  • 「AMAZON CAFE(アマゾンカフェ)」で、ピラルクを使った料理が食べられる

次の項目から、それぞれのおすすめポイントを解説していきます。

栃木にある水族館「なかがわ水遊園」のおすすめポイント①

撮影者:ふぉむ

最初に紹介する、栃木にある水族館「なかがわ水遊園」のおすすめポイントは、「世界の川」です。

「世界の川」にあるトンネル型水槽では、2mを超える巨大魚のピラルクや、巨大ナマズのピライーバといった魚たちを見ることができます。

「世界の川」で展示されているピラルクは5尾で、一番大きい個体で2.5mもの大きさを誇ります。

撮影者:ふぉむ

トンネル型水槽のすぐそばで、巨大魚のピラルクを間近で見られるため、他の水族館では味わえない迫力を堪能できますよ。

国内でトンネル型水槽からピラルクを見られる水族館は、「神戸市立須磨海浜水族園」と、「なかがわ水遊園」だけです。

トンネルの中から、アマゾンの大河を体感してみてはいかがでしょうか。

https://tnap.jp/topics/detail.php?id=1851

「世界の川」では、ピラルクたちに飼育員がエサをあげる「ピラルクーたちのお食事タイム」(毎日14:30に5分程度。)を行っています。

飼育員が解説をしながら、ピラルクの生態について解説してくれますよ。

ピラルクがエサを食べるその様は、迫力があるので、ぜひ見てください、

栃木にある水族館「なかがわ水遊園」のおすすめポイント②

次に紹介する、栃木にある水族館、「なかがわ水遊園」のおすすめポイントは、カピバラです。「世界の川」に棲む、カピバラの茶々丸が人気を集めています。

茶々丸は、「なかがわ水遊園」に1匹だけの唯一のカピバラです。「世界の川」のエリア内で、自由気ままに暮らしています。

巨大魚のいるピラルクがいるにも関わらず、自由に泳ぐ茶々丸の姿が人気となり、メディアでもたびたび取り上げられているほどです。

ピラルクとカピバラが一緒に展示されている水族館は、「なかがわ水遊園」だけです。

カピバラの茶々丸が泳いでいる姿は、あまり見られないため、見れたら運がいい方です。普段、茶々丸は寝て過ごしていることが多いです。

栃木にある水族館「なかがわ水遊園」のおすすめポイント③

次に紹介する、栃木にある水族館、「なかがわ水遊園」のおすすめポイントは、「タッチング水槽」です。

「タッチング水槽」では、那珂川に棲むカメやザリガニだけでなく、トラザメやヒトデといった海の生きものに触れることができます。

子供から人気の展示として知られていて、親子と一緒でも楽しめます。子供と一緒に、思い出に残る体験をしてみてはいかがでしょうか。

栃木にある水族館「なかがわ水遊園」のおすすめポイント④

https://tnap.jp/purchase/amazoncafe.php

最後に紹介する、栃木にある水族館、「なかがわ水遊園」のおすすめポイントは、ピラルクを使った料理です。

「なかがわ水遊園」では、ブラジルから食用で輸入した、ピラルクを使った料理を「AMAZON CAFE(アマゾンカフェ)」で味わえるのです。

https://tnap.jp/common/sysfile/topics/ID00000147binary1.pdf

「ピラルクーランチセット」(1,530円)や、「ピラルクーバーガーセット」(810円)といったメニューが食べられます(土日祝、1日20食限定)。

ピラルクのクセのない淡泊な味は、フライやカレーとよく合うので美味しいです。

ピラルクを食べられる水族館は、「なかがわ水遊園」だけです。ぜひ、あなた自身で味わってみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、栃木にある水族館、「なかがわ水遊園」について解説していきました。内容をまとめますと、以下の通りです。

なかがわ水遊園の情報まとめ
  • 栃木にある、淡水魚メインの水族館
  • 入園料が、大人で650円と安い
  • 公共交通機関で行く場合は、「東京駅」からだと2時間30分から4時間ほどもかかる
  • 土日祝や大型連休シーズンでも混雑しないため、栃木の穴場スポットとしても知られている
なかがわ水遊園のおすすめポイントまとめ
  • トンネル水槽で、2mをも超えるピラルクを間近で見られる
  • ピラルクと一緒の水槽で暮らしている、カピバラの茶々丸が人気
  • 「タッチング水槽」で、生きものたちと触れあえる
  • 「AMAZON CAFE(アマゾンカフェ)」で、ピラルクを使った料理が味わえる、珍しい水族館

「なかがわ水遊園」は、淡水魚を楽しめる水族館の中では、規模が大きいです。入園料金が安く、混雑も心配いらないので、訪れてみてはいかがでしょうか。

ふぉむ
ふぉむ

「なかがわ水遊園」へ行ってみて、巨大魚のピラルクやそれぞれの展示を見て、楽しんでみてはいかがでしょうか。

「なかがわ水遊園」の周辺にあるおすすめ観光スポットを、徹底解説「なかがわ水遊園」は、栃木にある唯一の水族館として知られています。せっかくですから、水族館へ行くなら、周辺の観光スポットへも行きたいですよね。 この記事では、「なかがわ水遊園」の周辺にあるおすすめ観光スポットを、紹介していきます。...
北関東にある水族館7選を、見どころを踏まえて徹底解説してみた。北関東は海に面していない都道府県もあり、水族館があるのか気になる人もいるかと思います。 北関東の水族館は、それぞれ独自の見どころがあるので楽しめますよ。 この記事では、北関東にある7ヶ所の水族館を、見どころを踏まえて解説していきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。