水族館まとめ

北関東にある水族館7選を、見どころを踏まえて徹底解説してみた。

「北関東にはどんな水族館があるんだろう。今度、行く機会があるから見どころを知りたいな。」

北関東は海に面していない都道府県もあり、水族館があるのか気になる人もいるかと思います。

北関東には規模が小さいものから大きい水族館まであり、それぞれ独自のテーマを打ち出しているので楽しめますよ。

この記事では、北関東にある7ヶ所の水族館を、見どころを踏まえて解説していきます。

ふぉむ
ふぉむ

この記事を読んで、北関東にある水族館の魅力を知り、立ち寄る判断材料として役立ててください。

アイキャッチ画像出典:https://www.pakutaso.com/20191056288post-23522.html

北関東にある水族館は全部で7ヶ所

https://frame-illust.com/?p=10122、https://frame-illust.com/?p=10120、https://frame-illust.com/?p=10118

北関東と言えば群馬と栃木、茨城の3県です。群馬と栃木に関しては海に面していないため、水族館があるのか疑問に感じる人もいるかと思います。

海に面していない都道府県でも水族館はあります。北関東には全部で7ヶ所の水族館があり、それぞれ以下の通りです。

ふぉむ
ふぉむ

次の項目から、それぞれの水族館の情報と見どころについて解説していきます。

ちなみに、群馬県には「桐生が岡公園水族館」があります。

「桐生が岡動物園」にあるオマケ水族館のため、この記事では省略していますので、ご了承ください。

北関東にある水族館①「道の駅みなかみ水紀行館」

https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/298

最初に紹介する北関東にある水族館は、「道の駅みなかみ水紀行館」です。水産学習館という名前の水族館で、道の駅施設内にあります。

水族館では、群馬を流れる利根川に生息する淡水魚が展示されています。

また、利根川に棲む魚以外にもイトウやチョウザメ、ナマズのレッドテールキャットフィッシュが展示されていますよ。

「道の駅みなかみ水紀行館」の見どころ

https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/298

「道の駅みなかみ水紀行館」は、道の駅にあるという、日本ではあまり見かけない水族館です。ここの水族館には、以下の見どころがありますよ。

  • 「ドクターフィッシュ」がいる水槽に手を入れて、お掃除をしてもらえる体験
  • 渓流を再現した「渓流水槽」が美しい
  • コイたちが泳ぐ淡水魚の「トンネル水槽」を味わえる

道の駅にある水族館のため規模が小さいものの、「渓流水槽」や「トンネル水槽」といった作り込まれた展示があるので、見応えがありますよ。

群馬県内や周辺都道府県の水族館6選を、アクセス方法を踏まえて解説群馬県に訪れた時、水族館があるか気になる人はいませんか。 一方で群馬県在住の方は、周辺の都道府県にどんな水族館があるか気になる人もいますよね。 そこでこの記事では、群馬県内や周辺都道府県にある水族館6選を、アクセス方法を踏まえて解説します。...
http://marususeika.com/senno

道の駅にある物産館には、テレビ番組「ヒルナンデス」で紹介された「仙ノ倉万太郎の温泉饅頭」(8個入り880円)が販売されています。

饅頭の甘さと、モチモチとした食感がたまらないお菓子なので、ぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

北関東にある水族館②「なかがわ水遊園」

次に紹介する北関東にある水族館は、「なかがわ水遊園」です。栃木県大田原市にあります。

水族館は、淡水魚を中心に展示されていて、関東にある淡水魚をメインとした水族館のなかでも規模が大きいです。日本最大級の「川の水族館」をウリにしています。

毎年多くの入館者が訪れ、メディアにもたびたび取り上げられるほどの人気ぶりです。

「なかがわ水遊園」の見どころ

https://tnap.jp/aquarium/aquarium.php

「なかがわ水遊園」は、淡水魚を中心とした日本最大級を誇る水族館です。水族館には以下の見どころがありますよ。

  • ピラルクといった大型魚を、「トンネル水槽」から眺められる
  • 「トンネル水槽」のある「世界の川」で、かわいらしいカピバラが見られる
  • 「タッチング水槽」で那珂川に生息する魚たちとふれあえる
  • ピラルクを使った料理が食べられる「AMAZON CAFE(アマゾンカフェ)」

特に、2mもの大きさを誇るピラルクが見られる「トンネル水槽」は、水族館の目玉として人気です。

「トンネル水槽」からピラルクを見られる水族館は、日本国内ではなかなか見られないので、貴重な体験ができますよ。

栃木にある水族館「なかがわ水遊園」の情報について徹底解説!栃木には、「なかがわ水遊園」と呼ばれる水族館があります。 巨大魚で知られるピラルクが、トンネル水槽で見れることから人気があります。 この記事では、栃木にある水族館、「なかがわ水遊園」の基本情報やおすすめポイントについて、紹介していきます。...

北関東にある水族館③「キングハム・3Dメルヘン水族館」

google mapより

次に紹介する北関東にある水族館は、「キングハム・3Dメルヘン水族館」です。栃木県那須高原にあります。

那須名物で知られている「キングハム」の直売所にある、一風変わった水族館です。

ここでは、魚などの生きものたちが展示されていないのです。ハイビジョンシアターで写し出される3Dで魚を見るという、面白い試みをしています。

「キングハム・3Dメルヘン水族館」の見どころ

https://www.kingham.jp/3dmarchen.php

「キングハム3D水族館」の見どころは、映像技術を駆使した展示の数々です。

展示の1つには、水たまりが映った映像の上を歩ける体験ができます。また、250インチハイビジョンシアターで、映像が写し出されます。

シアターでは、さかなクンが立体映像で登場し、魚について解説してくれますよ。3D映像のため、目の前にクマノミやサメなどの魚たちが泳ぐ迫力を味わえます。

北関東にある水族館④「さかなと森の観察園」

google mapより

次に紹介する北関東にある水族館は、「さかなと森の観察園」です。栃木県日光市にあります。

明治23年(1890)に宮内庁のふ化場として開設された経緯があり、100年以上もの歴史がある古い施設です。

2006年に「おさかな情報館」が開館され、海洋や水産、魚の生態系について遊びながら学べる施設として親しまれてきました。

水族館の魚は、サケやマス、チョウザメといった淡水魚を中心に展示されています。

2019年12月時点、園内の樹木や観察地帯などの安全対策を講じる必要があるため、休園中です。再開時期は未定となっています。

「さかなと森の観察園」の見どころ

https://www.fra.affrc.go.jp/nikko/guide_garden.html

「さかなと森の観察園」は、中禅寺湖のほとりにある、水産研究と教育機構を兼ねた水族館です。水族館には、以下の見どころがあります。

  • 幻の魚と呼ばれるイトウや、中禅寺湖にしか生息していないレイクトラウトが展示されている
  • 美しい自然環境の中でマスの自然産卵が見られる
  • 地獄沢を水源にした11面の飼育池魚道施設が見られる

美しい自然環境の中で貴重な魚たちや、放流された魚たちの自然なままの生態系が見られます。

また、魚たちへのエサやりができることから、子供にも人気がありますよ。

北関東にある水族館⑤「アクアワールド茨城県大洗水族館」

http://www.aquaworld-oarai.com/floor

次に紹介する北関東にある水族館は、「アクアワールド茨城県大洗水族館」です。茨城県大洗町にあります。

茨城県民や県外の観光客から人気があり、毎年多くの来館者が訪れる大規模な水族館です。2019年には入館者数が2,000万人を突破しました。

展示されている魚の中でもサメの飼育に力を入れていて、飼育種類数は日本一を誇ります。

「アクアワールド茨城県大洗水族館」の見どころ

http://www.aquaworld-oarai.com/floor/model/model01

「アクアワールド茨城県大洗水族館」は、大規模な水族館で展示の数が充実しています。数ある展示のなかでも、見どころは以下の通りです。

  • 約80種類・20,000匹の生きものたちが展示されている「出会いの海の大水槽」
  • 54の飼育種類数を誇るサメの展示」
  • 「マンボウの展示」で複数のマンボウたちが見られる
  • 「水族館探検ツアー」で水族館の裏側を体験できる
  • 「イルカ・アシカオーシャンライブ」でイルカやアシカたちのパフォーマンスを堪能できる

水族館の見どころはサメの展示だけでなく、大水槽やマンボウの展示なども見ごたえがあるので、必見ですよ。

「アクアワールド茨城県大洗水族館」の情報とおすすめポイントを解説茨城県にある水族館として知られているのが、「アクアワールド茨城県大洗水族館」です。 日本一の、サメの飼育種類数を誇っている水族館です。 この記事では、「アクアワールド茨城県大洗水族館」の情報と、おすすめポイントを紹介していきます。...

北関東にある水族館⑥「かすみがうら市水族館」

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/id-0800000000669.html

次に紹介する北関東にある水族館は、「かすみがうら市水族館」です。茨城県かすみがうら市にあります。

水族館は、霞ヶ浦と霞ヶ浦水系に生息している魚や、アマゾンなどに生息する淡水魚を中心に展示されています。

2018年4月19日にリニューアルされ、霞ヶ浦の生きものたちを守るために、子どもたちへの啓発を兼ねた施設として生まれ変わりました。

「かすみがうら市水族館」の見どころ

「かすみがうら市水族館」は、霞ヶ浦やアマゾンなどに生息する淡水魚をメインに展示されている水族館です。水族館には以下の見どころがありますよ。

  • 「タッチ水槽」で霞ヶ浦に生息しているコイやフナにふれあえる
  • 水族館の人気者として親しまれている、アルダブラゾウガメのアルディー
  • 霞ヶ浦周辺の環境を再現した「出島の湖水槽」

小さな水族館ですが、「タッチ水槽」で魚たちと触れあえたり、大型の淡水魚の迫力を楽しめたりできるので、子供からも人気のスポットです。

2020年2月下旬、水族館内の展示が一部リニューアルされました。

霞ケ浦や利根川水系の約100種類の魚たちや、360°見渡せる大型水槽が追加されました。

リニューアルしたことで、「かすみがうら市水族館」は来館者から人気のスポットとなっていますよ。

【2020年】全国各地の4つの水族館がリニューアル。その内容とは2020年は、リニューアルを行う水族館が4つあります。 新エリアの追加や、全面リニューアルオープンする水族館など様々です。 そこでこの記事では、2020年にリニューアルする水族館4選をそれぞれ紹介していきます。...

北関東にある水族館⑦「山方淡水魚館」

googlemapより

最後に紹介する北関東にある水族館は、「山方淡水魚館」です。茨城県の常陸大宮市にあり、久慈川が流れる静かな場所に立地しています。

茨城は、「アクアワールド茨城県大洗水族館」という大規模な施設がある一方で、ここの水族館は、日本でトップクラスに規模が小さいことで知られているのです。

特別天然記念物に指定されているオオサンショウウオや、マタナゴ、ヒメダカといった淡水魚がメインに展示されています。

「山方淡水魚館」の見どころ

googlemapより

「山方淡水魚館」は、日本一小さい水族館として知られています。見どころは、展示されている3匹のオオサンショウオたちです。

3匹にはそれぞれ名前があり、里ちゃんと山ちゃん、大好くんと名付けられています。

http://hitachiomiya-sinkouzaidan.opal.ne.jp/tansui/

3匹のなかで一番大きいのが大好くんです。122.1cmもの大きさがあります。

オオサンショウオのなかで日本一の大きさではないかと期待されていましたが、残念ながら、日本一にはなれませんでした。

http://hitachiomiya-sinkouzaidan.opal.ne.jp/tansui/

また、水族館は土日祝に来館すると、ミニ新幹線に乗車することができますよ。子供から人気があり、ミニ新幹線目当てに来館する親子もいるほどです。

まとめ

ここまで、北関東にある水族館を見どころを踏まえて紹介していきました。内容をまとめますと以下の通りです。

都道府県水族館名特徴
群馬①道の駅みなかみ水紀行館利根川水系に生息する魚を展示している
栃木②なかがわ水遊園淡水魚メインの水族館の中で日本最大級を誇る
③キングハム・3Dメルヘン水族館3Dで写し出される魚が見られる
④さかなと森の観察園明治時代からある古い水族館
茨城⑤アクアワールド茨城県大洗水族館サメの飼育種類数トップを誇る
⑥かすみがうら市水族館霞ヶ浦に生息する魚が展示されている
⑦山方水族館日本一小さい水族館として知られている

北関東には淡水魚を展示している水族館が多く、それぞれのテーマがあって面白いですよ。淡水魚を心ゆくまで楽しみたいなら、「なかがわ水遊園」がおすすめです。

「トンネル水槽」から見られるピラルクは迫力がありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ふぉむ
ふぉむ

北関東にある水族館は面白いものばかりです。旅行などで来た時には、ぜひ行ってみてください。

関東のおすすめ水族館5選を口コミをあわせて徹底解説していきます。関東には魅力的な水族館がいくつもあります。たくさんある中でどこへ行くとなると、迷ってしまいます。行く前に、水族館の評判の口コミを確認しておきたいところです。 この記事では、関東にあるおすすめ水族館を、口コミを踏まえて5つ紹介していきますね。...