三重

鳥羽水族館の見どころ5選を紹介。珍しい海の生きものたちが大集結!

「鳥羽水族館の見どころは?」「鳥羽水族館には、珍しい海の生きものがいると聞いたけれど、どんな生きものがいるの?」

「鳥羽水族館」は、飼育種類数が日本一の水族館です。「鳥羽水族館」は、他の水族館では見られない生きものや個性的な生きものたちがたくさんいます。

そこで本記事では、「鳥羽水族館」の見どころを5つ厳選して紹介します。

また、見どころだけでなく、おすすめのパワースポットやレストランも紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

ふぉむすい運営部
ふぉむすい運営部

この記事を読めば、鳥羽水族館の魅力が1から10まで理解できます。ぜひ最後までご覧ください。

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1342402?title=%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%B4%E3%83%B3&searchId=202149587

鳥羽水族館の見どころ5選とは?

「鳥羽水族館」は約1200種もの生きものたちの飼育を行っていることから、飼育種類数日本一を誇る水族館なのです!

そのため、「鳥羽水族館」だけでしか見ることができない海の生きものや、貴重な生きものたちに出会えます。

次の章では、そんな珍しい生きものたちに出会える「鳥羽水族館」の見どころ5選を紹介します。なお、「鳥羽水族館」の見どころ5選は以下の通りです。

  1. 国内の水族館で唯一見られる「ジュゴン」
  2. 迫力溢れる「アシカショー」
  3. 生きた化石と呼ばれる魚たちがいる「古代の海」
  4. 野生の雰囲気を味わえる「ジャングルワールド」
  5. 絶対に外せない「ラッコの食事シーン」

次の章から、5つの見どころについて詳しく解説していきますね。

【鳥羽水族館の見どころ①】国内の水族館で唯一見られる「ジュゴン」

https://www.photo-ac.com/main/detail/2025904?title=%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%B4%E3%83%B3&searchId=202038666

「鳥羽水族館」は、国内150カ所以上ある水族館の中で唯一、「ジュゴン」が見られるスポットです。「ジュゴン」の名前は「セレナ」(33歳)といいます。

「セレナ」が展示されている「人魚ゾーン」は、「セレナ」の故郷であるフィリピンのエサ場が再現されているのです。

「セレナ」のいる幅約4mのエメラルドグリーンの水槽には、ジュゴンのエサである「シーグラス(海藻)」が展示されています。

現在、ジュゴンの生息数は減少傾向で、野生絶滅の一歩手前まできています。そのため、ジュゴンは世界的に見ても貴重な存在なのです。ぜひ、1度会いに行きましょう!

ちなみに、下記の記事では「鳥羽水族館」の「セレナ」の魅力について詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

【日本でここだけ】鳥羽水族館にいるジュゴンの魅力を語り尽くします「鳥羽水族館」では全国にある水族館の中で唯一、ジュゴンの「セレナ」に出会えます。 アマモをむしゃむしゃ食べたり、水槽をのんびり泳いだりしているその姿は可愛らしいです。 そこでこの記事では、「鳥羽水族館」にいるジュゴンの魅力を解説します。...

【鳥羽水族館の見どころ②】迫力溢れる「アシカショー」

「鳥羽水族館」の「アシカショー」では、迫力溢れるアシカたちの多彩な演技を見ることができます。

「パフォーマンススタジアム」で行われる「アシカショー」は、「鳥羽水族館」の目玉の1つとして大人気です。

「アシカショー」は約15分程度と短いですが、あっという間に時間が過ぎます。ジャンプや輪くぐりだけでなく観客を笑わせてくれるシーンもあり、魅力的なショーです。

また、迫力のあるジャンプと身体を高速回転させるボールを使用したショーは、圧巻ですよ!

なお、「鳥羽水族館」のアシカショーのスケジュールは、以下の通りです。

  • 10:00~
  • 11:30~
  • 13:00~
  • 15:30~

※天候や動物の体調により、中止となる場合があります。

ちなみに、「鳥羽水族館」ではアシカだけでなくアザラシも展示されています。気になる方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

【胸キュン必須】鳥羽水族館にいるキュートなアザラシたちを完全公開鳥羽水族館には、3種類のアザラシたちが展示されています。 臆病な男子やパワフルな肉食系女子。一方で、顔がおじさんにしか見えないとネットで話題になったアザラシもいます。 そこでこの記事では、鳥羽水族館にいるアザラシたちの魅力を解説します。...

【鳥羽水族館の見どころ③】生きた化石たちを見られる「古代の海」

https://www.photo-ac.com/main/detail/1354088?title=%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E9%A1%94&searchId=202054990

「古代の海」では、古代から姿を変えず、今もなお行き続ける生きた化石と呼ばれる魚たちが展示されています。

特に注目して欲しい魚が、淡水魚の中でも最大級を誇る古代魚、「アリゲーターガー」です!

神秘的な雰囲気の中、体長3mもの大きさを誇るアリガーターガーは、まさに圧巻です。

その他には、4億年前からほとんど姿が変わらないサメやエイの仲間や、約2億年も昔から姿を変えていないカブトガニなどがいます。

https://www.photo-ac.com/main/detail/1342314?title=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%8B&searchId=202054990

また、「鳥羽水族館」は古代魚シーラカンスの生態調査を、アフリカのコモロ政府と実施しました。

日本初となる、海底にいるシーラカンスの生態をビデオに収めた映像を「古代の海」ゾーンで公開されています。

【鳥羽水族館の見どころ④】野生の雰囲気を味わえる「ジャングルワールド」

https://www.photo-ac.com/main/detail/1718962?title=%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%82%A2&searchId=202068785

「ジャングルワールド」は、熱帯雨林気候のジャングルやアジアの大河・アフリカの河川などの環境が再現されています。

そのため、「ジャングルワールド」では野生の雰囲気を味わえますよ! また、そんな野生の雰囲気漂う「ジャングルワールド」には、アフリカマナティーが展示されているのです。

アフリカマナティーは、ジュゴンと同じく人魚伝説のモデルになったとされています。

アフリカマナティーは草食動物で、のんびりした性格。見た目はジュゴンとそっくりです。ジュゴンとどこが違うのか、ぜひ「鳥羽水族館」へ行って自分の目で確かめてみましょう!

ちなみに、下記の記事でゆるかわなアフリカマナティーの魅力ついて詳しく紹介しています。ぜひ、あわせてご覧ください。

【ゆるかわ】鳥羽水族館にいるマナティーの魅力について完全網羅!「鳥羽水族館」には2頭のマナティーたちが展示されています。そのマナティーたちののんびりマイペースなゆるさが、来館者から人気を呼んでいるのです。 そこでこの記事では、「鳥羽水族館」にいるマナティーたちの魅力に関して徹底解説していきます。...

【鳥羽水族館の見どころ⑤】絶対に見たい「ラッコの食事シーン」

「鳥羽水族館」で絶対に欠かせない見どころが、「ラッコの食事シーン」です!「鳥羽水族館」には、「メイ」(16歳)という名前のラッコが1頭だけいます。

ラッコの「メイ」は、「鳥羽水族館」のアイドル的存在で来館者やSNS上で話題の人気者。

そんな、「メイ」の可愛い食事シーンを見られるイベントが「ラッコの食事タイム」です。

ラッコの「メイ」には、精一杯両手を上げる「ばんざーい」や、ガラス面に張り付いたイカのミミをジャンプで取る「イカミミジャンプ」と呼ばれる得意技があります。

https://twitter.com/TOBA_AQUARIUM/status/1237900450667479042

「イカミミジャンプ」は「お食事タイム」でしか見られないため、ぜひイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

なお、「ラッコのお食事タイム」のスケジュールは、以下の通りです。

  • 9:40~
  • 13:00~(貝のみ)
  • 16:20~

※「イカミミジャンプ」が見たい方は、「9:40~」か「16:20~」の「ラッコのお食事タイム」に参加しましょう。

ちなみに、下記の記事ではラッコの「メイ」の魅力を余すことなく紹介しています。ぜひ、あわせてご覧ください。

【大人気アイドル】鳥羽水族館のラッコの魅力を余すことなく全て紹介「鳥羽水族館」にはラッコが1頭だけいます。ラッコの名前は「メイ」です。「メイ」は、「鳥羽水族館」イチの大人気アイドルとして知られています。 そこでこの記事では、「鳥羽水族館」のラッコの魅力を1から10まで徹底解説していきますね。...
ふぉむすい運営部
ふぉむすい運営部

ここまで、「鳥羽水族館」の5つの見どころを紹介しました。

また、「鳥羽水族館」には、幸せを呼ぶパワースポットもあるのです! 次の章で詳しく解説しますね。

スポンサーリンク



鳥羽水族館の知られざるパワースポットとは?

「鳥羽水族館」前の道路沿いには、ラッコの像が乗っている郵便ポストがあります。

実は、この郵便ポストは「ラッコポスト」と呼ばれ、パワースポットとして話題なのです。

「ラッコポスト」から手紙を出すと、手紙を受け取った人の運が上向きになる噂があることから、「鳥羽水族館」の名物として知られています。

「鳥羽水族館」を訪れた時には、「ラッコポスト」から大切な人へ手紙を送ってみてはいかがでしょうか? 願いが叶うかもしれませんよ!

ちなみに、「ラッコポスト」に自分宛ての手紙を出す人もいるんだそうです。

ふぉむすい運営部
ふぉむすい運営部

「鳥羽水族館」には、可愛いメニューが豊富にあるレストランもありますよ! 次の章で詳しく解説しますね。

生きものを模したメニューが可愛いレストンラン「花さんご」

「鳥羽水族館」には、「花さんご」という落ち着いた雰囲気のレストランがあります。「花さんご」では、海のいきものを模した可愛いメニューがあります!

数あるメニューの中でも特におすすめの料理は、鳥羽水族館のアイドルであるラッコの「メイ」をイメージした「カレーライス」です

その可愛さは、思わず食べるのをためらってしまうほどですよ! 「花さんご」へ訪れたら、ぜひ、写真を忘れずに撮ってくださいね!

また、可愛いメニューだけでなく、郷土料理のてこね寿司やシーフードを使った料理もおすすめですよ。

なお、「花さんご」の営業時間は以下の通りです。

  • 【9月1日~7月19日】9:30~16:30
  • 【7月20日~8月31日】9:00~17:00

鳥羽水族館の基本情報

最後に、「鳥羽水族館」の営業時間や入館料金などの基本情報を紹介します。基本情報は、以下の通りです。

【まとめ】鳥羽水族館の珍しい海の生きものたちに会いに行こう!

ここまで、「鳥羽水族館」の見どころ5選について解説しました。紹介した内容をまとめると、以下の通りです。

  1. 国内の水族館で唯一見られる「ジュゴン」
  2. 迫力溢れる「アシカショー」
  3. 生きた化石たちを見られる「古代の海」
  4. 野生の雰囲気を味わえる「ジャングルワールド」
  5. 絶対に見たい「ラッコの食事シーン」

「鳥羽水族館」は、約1200種もの生きものたちがいる飼育種類数日本一の水族館です。

見どころ満載の「鳥羽水族館」には、魅力たっぷりの珍しい生きものたちがいます。

「ジュゴン」の「セレナ」や多彩な特技を持った「ラッコ」の「メイ」は、来館者に癒やしを与えています。

観覧順序がなく来館者が自由に観覧できるため、自分の気になる展示から見られますよ。ぜひ、「鳥羽水族館」の珍しい海の生きものたちに会いに行きましょう!

もし、この記事を読んで「鳥羽水族館」へ行きたくなったら、以下のリンクからチケットを確認してみてくださいね。

「アソビュー!」を利用すればチケット購入の待ち時間なしで、スマホを見せるだけでスムーズに入館できますよ。さらに、期間限定割引を行っていることもあるので要チェックです。

\スマホで簡単予約。スムーズ入館!/

会員登録せずに購入できます。今後の支払いをもっと簡単にしたいなら、会員登録すればスムーズにチケット購入可能。
✔割引が終了することもあるので、お早めの購入をおすすめします。

※チケットは予告なく販売中止になることもあるので、あらかじめご了承ください

ちなみに、「アソビュー!」の使い方を知りたいなら下記の記事で詳しく紹介しています。ぜひ、あわせてご覧ください。

【お得で便利!】アソビュー!の使い方を6つの項目に渡って解説。本記事では、「アソビュー!」の使い方を6つの項目に渡って解説します。 「アソビュー!」を利用すると50%もの割引が受けられたり、スマホで簡単予約ができたりするのです。 チケットの探し方や使い方など、初めての方に分かりやすく解説します。...
ABOUT ME
ふぉむ
「ふぉむすい」運営責任者。水族館に関する情報をどこよりも分かりやすくお届けします。 推しの水族館は「アクア・トトぎふ」と「鳥羽水族館」。